白黒うさぎの冒険譚〜プロローグ

そこは、タマゴから生まれた世界。 

空のように限り無く、風のように自由で、海のように穏やかな-ナギの世界-と呼ばれています。



■ 誕生 ■

数多の動物が生活するウサギの国は、二つの兎の王国があります。

その一つである『白兎王国』の宮殿前の広場は、今か今かと待ちわびた民衆達に埋め尽くされていました。


先日生まれたばかりの、彼等の敬愛する王と王妃の第一子が、今日お披露目されるのです。


『どんなお子だろう。やっぱり王様に似た凛々しい白い毛色をされているのだろうか。』

『いやいや、王妃様にそっくりな白く優しい毛色をされているに違いない。』


この国のウサギ達は、大半が白うさぎなのですが、彼等だけに分かるその毛色の違いが、とても重要な事でした。


リンゴーン。

リンゴーン。


やがてお日様が天頂を横切ると同時に、鐘の音が鳴り響き、お城の中から王と王妃が姿を現しました。


王妃のたおやかな両腕に抱かれたおくるみの中には、次代の王が眠っています。

王は、愛しい我が子を受け取ると、そっと抱え上げ、親愛なる白兎の民達に、その姿を示しました。


『我が愛する息子である。皆のもの、よろしく頼む。』


広場にどよめきが沸き起こります。


その姿。

王に抱え上げられても、悠々と深い眠りの中にいる小さな仔兎の姿に、民衆の目と耳が釘付けになりました。


『な、なんと…!』

『この毛色は…!』


凛々しい白でもなく、優しい白でもなく。


驚いた事に、白と黒が混ざった、見た事もない珍しい色をしていたのです。


『我が愛しい息子は、見ての通り、皆とは違う毛色をしている。だが、紛れも無く、私と后の子であり、また、この稀有な毛色には、おそらくこの国、いやこの世界全体に関わる大いなる意味が託されているのだろう。』


王は、側に控える神官達に視線を送り、小さく頷きました。


『私は、息子を、大地を支える世界樹のように、【アッシュ】と名付けた。必ずや、皆の力となる事を誓おう。』


王の力強い言葉と笑顔に、民衆のどよめきが歓声に変わりました。

元々、王には絶対の信頼を置いている民達です。


毛色が違うからなんだというのだ。

遠い異国の『黒兎王国』の民は、みんな黒く美しい毛色をしていると聞くぞ。


これは、きっと吉兆に違いない。


『王子様、ばんざーい!ご生誕おめでとうございます!』

『今日は祝いのお祭りだ!』


民衆の忌憚無い祝福の言葉に、王と王妃は互いに顔を見合わせて、にっこりと微笑み合いました。


そして、腕の中で眠っている幼子もまた、幸せそうな天使の微笑みを浮かべているのでした。


0コメント

  • 1000 / 1000