張子の狛犬はなぜ籠をかぶっているのか?

ハロー!

どうも、ウサギのタマゴのナギです。


大阪の地震、怖かったですね💦

私は奈良在住ですが、震度5弱と大きかった地域で、かなり揺れを感じました。


幸い物が壊れたりとかいう事はなく、多少たまご型の作品なので、その辺りが転がっただけで大事には至りませんでしたが、被害の大きかった地域の方には、心よりお見舞い申し上げます。


阪神大震災より大きな地震が続いています。

日頃の備えが大事だと言われますが、正直何をどうしてよいのやら、手探り状態です。


一応、非難道具は作っていますが、持って逃げれる程の余裕は多分無いと思いますので、あれは、一応落ち着いてから取りに戻るものだと割り切って、準備しています。


自然の前では、人間の力は無力ですね。

これ以上大きな地震が来ませんように、と祈る事しか出来ませんが、日々を大切に大事に暮らさないといけないと、こういう事が起こるたびに思い返します。


さて、今日の手仕事は、『招き狛犬』です。



招きシリーズの粘土細工が続いていますが、縁起物という事で、今回はお正月にもマトリョーシカで作った、張子の犬がモチーフです。


お正月に作ったマトリョーシカの記事はコチラ。


このワンコ、何って言うんでしょうね。

張子戌(いぬ)というのは、狛犬、ともいうのか。。。


迷うので、*NAGI*では今回から、狛犬と言いますね。


前回の招き兎は、頭にうさ達磨を乗せていましたが、


今回の招き狛犬は、繭玉と籠を乗せています。

実際の張子の狛犬も、籠を背負っている事が多いので、何故かと調べてみたら、面白いダジャレでした。


籠は、竹で作られています。

犬という字の上に、竹冠をかぶせると、『笑』という漢字に似ていることから、笑いの絶えない縁起物という意味なのだそうです。



この籠は、NAGIがクラフトバンドで編みましたよ。

皆様に、『笑』が届きますように。


それから、この『招き動物シリーズ』もチョコチョコ数が出来てきましたので、まとめて写真に撮って、Twitterのヘッダー画像を変更しました。



これからまだもう少し、招き兎達を作りたいと思います。


このコ達は、8月に委託予定のイベント『うめだどうぶつえん』にて初売り予定です。

(…が、まだはっきりとは予定が分からずスミマセン💦)


それでは、良い週末を!

うさぎのたまごと動物雑貨 *NAGI*(なぎ)でした。



minneにて販売しています。


▶ 楽天Ruinoku2にて委託販売しています。

あなたのLINEに、可愛いたまご型アリスが登場!

NAGI's LINE Sticker(ラインスタンプ)販売中です。

0コメント

  • 1000 / 1000